日本口腔インプラント学会 中国四国支部長ごいさつ  支部長 山根 進 

支部長あいさつ

今年度は代議員選挙の年(平成29年)

(公社) 日本口腔インプラント学会 中国・四国支部
 支部長 山根 進

 拝啓 新緑の候,会員の皆様におかれましては,ますますご清祥のこととお慶び申し上げます.常日頃,会務にご協力いただきありがとうございます.
 中国・四国支部の正会員数は平成29年4月28日現在,1159人であり,去年に比較して26人増加しております.各県別に見ますと,鳥取県30人,島根県28人,岡山県233人,広島県268人,山口県129人,徳島県113人,香川県144人,愛媛県144人,高知県70人でした.本部の正会員数は14,820人であります.全国の歯科医師は約10万人であり,10人に1人がインプラント学会の正会員ということになります.言うまでもなく,歯科に関する学会では一番会員数が多く,日本口腔インプラント学会は日本の歯科界をリードする非常に重要な責務を背負った学会であり,今年平成29年度は平成30,31年度の代議員を選挙する大事な年度であります.定年規程により,代議員は改選年(平成29年)の4月1日に満68歳に達している者は代議員に選出できません.代議員選挙では,選挙人は正会員で有り,且つ平成29年度の会費を納入している者であります.立候補できる被選挙人は会員歴6年以上の正会員で,且つ平成29年度の会費を納入している者であります.また,日本口腔インプラント学会は公益社団法人であり,当然,被選挙人の会員歴は必要ないということで,以前は選挙をしていましたが,6支部統一して,6年以上の正会員歴を要することになりました.これは平成20年4月11日に出された「公益認定等ガイドライン」を基に決められました.すなわち,社会通念に従い判断し,当該法人の目的,事業内容に照らして合理的な関連性及び必要性があれば,例えば,専門性の高い事業活動を行っている法人において,その専門性の維持,向上を図ることが法人の目的に照らして必要であり,その必要性から合理的な範囲で,社員資格を一定の有資格者等に限定したりすることは不当な条件に該当しないものとされています.したがって,日本口腔インプラント学会では,専門性の維持という点から,また,インプラント専門医の申請時に正会員歴は5年必要で、合否判定が翌年にまたがることもあり,専門医取得まで正会員歴6年かかることから,被選挙人の正会員歴6年以上の資格はインプラントの専門性と同等という表現に問題ないと思います.

日本口腔インプラント学会 中国四国支部 事務局